お知らせ(消防本部)

投稿日時:2021-9-15 15:50:24

総務省消防庁では、一般社団法人日本損害保険協会との共催で、来年度の「全国統一防火標語」の募集を開始します。入選作品は「2022年度全国統一防火標語」として約20万枚のポスターに掲載され、全国各地の公共機関等に掲示されるほか、防火・防災意識の啓発などに広く活用されます。
応募締切は2021年12月5日までです。奮ってご応募ください。

昨年度の入選作品とポスター
   過去の入選作品
    2021年度:おうち時間 家族で点検 火の始末
    2020年度:その火事を 防ぐあなたに 金メダル
    2019年度:ひとつずつ いいね!で確認 火の用心
    2018年度:忘れてない? サイフにスマホに 火の確認
    2017年度:火の用心 ことばを形に 習慣に
   
    入選(1点):賞金10万円  佳作(4点):賞金1万円
    奨励賞(20点):QUOカード(1,000円分)


詳しくは、下のバナーをクリックして下さい


投稿日時:2021-8-24 13:31:20

敬老の日「火の用心」の贈り物

 近年の住宅火災による死者数は900人前後の高い数で推移しており、このうち約7割が65歳以上の高齢者です。

 消防庁では、住宅火災における高齢者を中心とした死者数の低減を図るため、「敬老の日に『火の用心』の贈り物」をキャッチフレーズに、「住宅防火・防災キャンペーン」を実施します。

実施期間:令和3年9月1日(水)〜9月21日(火)


投稿日時:2021-8-16 16:19:17

旧規格消火器は、2021年12月31日までに交換が必要です。

 消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物や危険物施設等では、2021年12月31日を過ぎると旧規格消火器の設置が認められなくなりますので、早めの交換・リサイクルをお願いいたします。

旧規格消火器の見分け方



消火器の設計標準使用期限はおおむね10年です

 見た目が新しく見える消火器でも、長い間設置していると経年で不具合が生じることがあります。メーカーが推奨する消火器の使用期限は製造よりおおむね10年です。
 新規格の消火器の本体には「設計標準使用期限」が書かれています。設計標準使用期限が書かれていない消火器は旧規格ですので、早めの交換をお願いします。


投稿日時:2021-5-18 10:15:42

命を守る 住宅用火災警報器 設置してますか?点検してますか?

宮崎県内すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから10年を迎えました。
住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を検知しなくなることがありますので、機器本体を取り替えましょう。

キャンペーン実施期間 令和3年5月25日〜6月8日


投稿日時:2021-5-18 10:14:11

違反対象物公表制度

令和2年4月1日より、「違反対象物の公表制度」が開始されました。これは、建物の利用者が自ら火災危険性に関する情報を入手し、安心して建物を利用することができるよう、建物の火災危険性に関する情報(重大な消防法令違反)をホームページで公表するものです。

違反対象物の公表制度とは
建物を安心して利用していただくために、消防が確認した重大な消防法令違反をホームページで確認できる制度です。

公表の対象となる建物は
消防法令上「特定防火対象物」として規定されている建物で、不特定多数の方が利用する建物や、一人で避難するのが困難な方が利用する建物が該当します。
例:飲食店、ホテル、百貨店、病院、福祉施設など

公表の対象となる違反は
自動火災報知設備、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備の設置義務違反が対象となります。

公表の方法は
西臼杵広域行政事務組合のホームページに掲載します。

公表する内容は
違反建物の名称、所在地及び違反の内容を公表します。

お問い合わせ先
西臼杵広域行政事務組合消防本部 総務課予防係
電話:0982-82-2900

違反対象物一覧はこちらをご覧下さい。